「かがり火」バックナンバーの記事(抜粋)

2019/10/19に開催される「かがり火復刊10周年記念フォーラム」に
関連するバックナンバーの記事を、期間限定で掲載しています。

 №  発行年月 タイトル 
 94  2003/5  美容室はシャッター通りの救世主となるか
~大阪府守口市の美容室「チャーミング」の地域密着型経営~
 99  2004/3 馬路村は日本を救う! "ゆずの森"構想で、新たな挑戦 
102  2004/9  矛盾を解消するのではなく、矛盾と共存する時代
『技術にも自治がある』(大熊孝著・農文協刊)が語り掛けるもの
 115 2006/11  "会社の元気"は"地元の元気" ~ "チコリ"の国産化に賭けた中田智洋社長の情熱~ 岐阜県中津川市・(株)サラダコスモ
 116  2007/1 島根県大田市・石見銀山生活文化研究所長
「勘」と「手触り」を大切にする松場登美さんの柔らかな生き方 
 118  2007/5  福島県矢祭町・根本良一町長、惜しまれて退任
「地域は必要条件を満たせばいい。十分条件までは充足させる必要はない」という、町長の哲学
 122  2008/1  "和菓子屋は農産物加工業である"という叶匠壽庵2代目社長 芝田清邦さんの里山での菓子づくり
 122  2008/1  会社経営と地域貢献活動を見事に両立させた、女性社長の生き方
 大里綜合管理株式会社 野老真理子さん
126  2008/9 卵のある食卓は幸せの証し
養鶏にかけたコッコファームの松岡義博さん(熊本県菊池市) 
138 2011/4  "漁業はオリンピックではない"と言う土佐の水産会社会長・明神照男さん 
154 2013/12  原発避難町村の首長の苦悩
飯舘村 菅野典雄村長「"までいライフ"は20~30年先の日本のありようです」 
162  2015/4  知恵を結集して低迷から脱却した波佐見町のまちづくり
163 2015/7  「100年持つ伝統的な日本家屋を建てたい」と切磋琢磨する
兵庫県姫路市の兄弟大工、戸澤秀仁さん・克徳さん 
168  2016/4  船木上次さん(萌木の村)とポール・スミザーさん(園芸家)のコラボレーション 今年の清里フィールドバレエは山野草の咲くナチュラルガーデンで幕が開く
174 2017/4   素晴らしきかな、酪農人生。少年の夢を実現した香川県三木町の広野正則さん (さぬきアグリカルチャー支局長)
174 2017/4  奥多摩で芸術性の高いカフェ「阿吽」を経営する
大藪龍二郎・悠紀さん
174 2017/4  飯舘村避難指示解除
菅野村長の提唱した「までい」の精神はどこまで浸透したか。
 
 177 2017/10   「森をつくる家具」を作るワイス・ワイスの佐藤岳利さん
179 2018/2  "肥後もっこす"吉田富明さんのミニトマトにかけた青春 
181 2018/6  豊饒な時間が流れる"農のオーベルジュ"「白金の森」