農水省を辞めて小浜市に移住、まちづくりに燃える御子柴北斗さん

 福井県小浜市といえば、2008年のアメリカ大統領選挙の時、オバマさんに熱狂的な声援を送ったことで有名になった。I💛OBAMAの鉢巻きをした「オバマを勝手に応援する会」が結成され、オバマ煎餅やオバマまんじゅうまで出現した。オバマさんの出身地にちなんでおばまガールズはハワイアンダンスまで踊った。本誌は小浜市民のユーモアとシャレっ気に感嘆した記憶がある。あの熱気は過去のものになってしまったが、昨年の暮れ、本誌の目の前に再び小浜市が立ち現れた。忘年会で名刺交換した青年の名前は御子柴北斗さん(34)といい、肩書には農林水産省大臣官房政策課技術政策室課長補佐とあった。近々、農水省を辞めて小浜市に移住するつもりだという。小浜市に出向している間に、まちとひとに魅了されてしまったらしい。農水省の官僚ならば食いっぱぐれはない。審議官、局長に出世する可能性もあるし、次官に昇進することだってないとはいえない。それなのに退職するとは…親ならば早まるなといいたいところである。
 今年4月、御子柴さんから農水省を辞めて小浜市に移住したという連絡があった。潔く決断したらしい。まちづくりに汗を流しているキーパーソンたちを紹介したいので取材に来てほしいという。小浜市には若手官僚を引き付けるどんな魅力があったのか、これはぜひとも訪ねてみねばなるまい。~

hennsyuu.htmlへのリンク