目  次

かがり火 No185   2019 FEBRUARY
“まめちち”に社運を懸ける三重県津市の豆腐屋さん・横山史子さん    
農業を志す青年のために資材を投じたスーパーストア
「やまのぶ」の山中勲会長 
10
“成長する産業はない。あるとすれば成長する企業があるだけだ”
と断言する水上印刷の水上光啓会長
13
外国人との共生@ 広島県安芸高田市長・浜田一義さんインタビュー
「外国人なしでは産業も介護も成り立ちません」
                        ジャーナリスト 松本克夫
 16 外国人との共生A
外国人の生活支援を自治会や地域に丸投げするな
 19 南砺市の古民家を修復して“書肆宝林”ができるまで
   上田眞理(公益財団法人世界こども財団理事)
 22  「三人委員会哲学塾 in 南砺」開催のご案内
27 『かがり火』リレーエッセーNo55」
健康生きがいづくり品川協議会の取り組み  恩田憲一(品川支局長)
28  施しよりもしごとを! 中山間地域の限界集落で「ごちゃまぜ福祉」を
実践するNPO  特定非営利活動法人UNE 代表理事 家老 洋
31  本は多くの人に読まれることを自ら欲し、人々をして集わしむ−−−。
本の持つ力を生かした地域づくり再考
  橋本正法(NPO法人地域交流センター代表理事/東神田支局長)
35 「人口1200人の上野村で再生可能エネルギーの会社を立ち上げました」
三枝孝裕(うえのむらのいいところ支局長)
38 杉原学のちょっとゆるめな連続対談
「そんな生き方あったんや!」 
   第11回ゲスト ライター 矢田海里さん
42 『かがり火』日記
44
連載エッセー 『古典を読む』 内山 節
46 編集後記