目  次

かがり火 No183   2018 October
特集・山形県鶴岡市/後編
 ・地方に対する?格下感”を逆転させることが、
  地方再生の鍵だという冨田勝教授           本誌・菅原
 ・失敗をたたえる文化をつくりたいという
  日本西海岸計画の池田友喜さん         ジャーナリスト 松本克夫
12 ちっちゃな村で大きな大きな夢を描く
富山県舟橋村                     ジャーナリスト 松本克夫     
16
組織や立場を超えたしなやかな早朝の勉強会
『霞ヶ関ばたけ』を主宰する松尾真奈さん
19
小出出版社・一人出版社の本ばかりを並べるユニークな
ブックカフェ「ココシバ」(埼玉県川口市)
   大川原通之(日本住宅新聞編集長)
22 『かがり火』リレーエッセーNo53
「地域に住み直す。スローな仕事とスローな暮らし方」
   育種家・造園家 坂口則夫(信濃の里山ガーデン支局長)

23   生産地と消費地の距離を縮めて、八百屋を復権させたいという
  株式会社アグリゲート 代表取締役 佐今克憲さん
                     フリーライター 松林 建(群馬南牧支局長)
27 sakanoyumeの楽しい入院生活
−−−あるがん患者の選りぬきブログ集
 32  少女時代の思い出   平野フキ (83歳。横浜市・農業)
 35  国産材ひとすじ、黙々と日本の森林を守ってきた
 伊藤定三さん
38 杉原学のちょっとゆるめな連続対談
「そんな生き方あったんや!」 
   第9回ゲスト 微細藻類研究者 鈴木裕乃さん
42 『かがり火』日記
44
連載エッセー 『古典を読む』 内山 節
46 編集後記